庄内地区初、ソーラーシェアリング田植え見学

5月12日、酒田市石橋(砂越駅付近)にあるソーラーシェアリングの田んぼを見学させていただきました。株式会社メカニックさんの「ひらた石橋ソーラーファーム」です。

約3反(約900坪)の田んぼに柱が無数にありその上に太陽光発電のパネルが乗っております。営農型太陽光発電ということで、若干作付けする部分は減りますが、太陽光発電した電気を売電し収入を得る仕組みです。

年間80000kwhの発電を見込んでおるそうで、契約FIT価格がわかりませんが15円と仮定すると年間120万円の収入となります。

田植えは柱と柱の間を田植え機が通っていきます。初作業なので若干慎重に作業をしたとのことで約50分くらいの作業でした。

庄内では初めての取り組みということで取材もたくさん入ってます。

機械で植えられないところは新入社員さんが何事も経験ということで手植えにチャレンジしておりました。

全国的にはかなり広がっている取り組みですが、庄内ではまだまだ事例が少ないようです。環境的にも経済的にもプラスの仕組みですので課題等整理しながら可能性を探りたいです。