2020年7月大雨被害

2020年7月、過去を振り返っても指折りなくらい雨が降りました。
鼠ヶ関の観測所の数値では下記の通り。
7/1 35.0mm/日
7/7 57.5mm/日
7/8 25.5mm/日
7/12 40.0mm/日
7/15 44.0mm/日
7/27 46.5mm/日
7/28 98.5mm/日

7月合計479.0mm
月合計降水量では歴代5位とのこと。(ちなみに1位は2018年8月)

地区内にもさまざまな被害がでました。

三瀬気比神社境内の木が倒れたり。

風力発電工事現場のに法面が若干くずれたり。

八森山の林道で落石があったり。

笠取峠の遊歩道にも落石があったり。

豊浦小学校付近、川の増水。

国道7号線に土砂流入、一部冠水。

人的被害がないのは幸いですが、比較的被害の少ない三瀬地区でもそれなりな被害です。
鶴岡市全域、特に農地被害などまだ判明していない部分もありますが、国含めた行政に適切な対応を求めていきます。

また、本日から明日にかけても雨が強い予報が出ております。
情報を細かく取得し、命を最優先にした行動をお願いいたします。